里山っ子シリーズブログ   ★『里山っ子たち』     ★『Little Challengers』      ★『里山の学校』     自主上映活動展開中!DVDでも好評販売中!!


by satoyamakko

<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

国立オリンピック記念青少年総合センター小ホールにて
『Little Challengers小さな挑戦者たち』上映会が開かれました。

4月17日火曜日、午後6時~、
上映後ゲストトーク:鈴木慎子(すずきちかこ)先生/社会館保育園卒園、現在、同保育園にて保育士として勤務

≪鈴木慎子先生・ゲストトーク≫
先ずは、鈴木先生からの自己紹介に続き、現場の先生ならではのお話を沢山頂戴いたしました。
a0126009_11592659.jpg

「私は、子どもを育てる上で、“あきらめる”ということを教えたくないと思って保育をしてきました。
なぜなら、子どもたちがあきらめずに頑張ったとき、何かを達成したときに見せる
“キラッと輝く瞬間”、“自信たっぷりの笑顔”!
これを見たとき、あぁ、やっぱり最後までやらせてよかったなぁ~と、心から思えるからなのです。
でも、こういうことって、6歳児になって急にできるようになるのではなく、やはり、木更津社会館保育園ならではの0歳児からの保育の積み重ねがあってのこと。
私はたまたま、その0歳から6歳に育て上がった子どもたちを相手にしていたわけで、
なんか、私って、良いとこどりだなぁって、思うこともありました(笑)!」

次に、鈴木先生から質問タイムを設けて下さり、5名の方から質問が上がりました。

Q1)
教員免許をお持ちの男性の会社員の方から
①子どもへの話し方として、自分は、a)ゆっくり丁寧に諭すように話す話し方、次に、b)叱咤激励する話し方の2種類を使い分けています。この映画を観ていると、どちらかというと、後者の叱咤激励のほうが多いように感じましたが、どうでしょうか?
②鈴木先生は、この保育園を卒園されていらっしゃるそうですが、ここを卒園されて役立っていることはありますか?
A1)
①叱咤激励の話し方を、いつもしているわけではなくて、もちろん、諭す話し方をする時もあります。この映画の中のように、叱咤激励して、自分たちの感情をぶつけたとしても、子どもたちは私たちについてきてくれると思っています。普段から、子どもたちと私たちとの間に信頼関係があるからこそ、あのように関われるのだと思っています。
②私は、よく友人や同僚にも言われるのですが、幼少期の記憶が鮮明なんです・・・たとえば、竹馬をしていた時のことや、竹馬から降りた先にいて下さる先生の表情とかを、鮮明に覚えているんです。
もちろん、社会館保育園の生活には、苦しいものもありました。お泊り保育のとき、寒い中、薪を探しに山の中を歩き回り、それを背負って疲れて半べそをかきながら帰る道すがら、手と手を繋いだお友だちのその手の感触とか、やっとたどり着いたら、温かいうどんを作って待っていてくれた先生がいて・・・あぁ、どんなに辛いことがあっても、その先には明るい未来が必ずあるんだ!って、子ども心に思えたことですね。

Q2)
足立区のもと教員だったとおっしゃる男性の方から

もっと読む
[PR]
by satoyamakko | 2012-04-18 12:03 | 映画・上映会のご感想